いつか月までハイジャンプ

このサイトは我々家族の日々の記録や、子育て、健康、美容、FXなど我々が興味のある事を書いていこうと思います。

健康

成人気管支喘息 治る?治らない?治らない原因はなに?

投稿日:

どうも、久しぶりのkobaです。

世の中はコロナ騒ぎでてんやわんやしていますが、我々は元気です。

今回のテーマは「気管支喘息」です。

最近よっちが医者から認定を受けた「成人気管支喘息」です。
はるっちが認定された「小児喘息」は同じ「喘息」でも少し扱いが変わってくるのでこちらは次のテーマにします。

今回は大人になってから咳をこじらせるとなってしまう「成人気管支喘息」について最近学んだことを書いていこうと思います。

今回のキーワードは2つ

「アドヒアランス」
「リモデリング」

です。




気管支喘息って何?

気管支喘息は、気管支が狭くなってしまい、呼吸が苦しくなる状態(いわゆる発作)を繰り返す病気です。
気管支喘息では、気管支に慢性的な炎症が起こっていることが分かっています。
この炎症のために簡単な刺激が入っただけでも気管支の壁が腫れたり、粘液(痰)が分泌されたり、気管支の周りの筋肉が縮もうとしたりして気管支が狭くなってしまい発作が起こります。
そのため、炎症を治さない限りいつまでも発作が出現します。
さらに、長く炎症が続いてしまうと気管支自体が硬くなって治療が難しくなる「リモデリング」といった状態に陥ってしまいます。

成人気管支喘息が治りにくい要因の一つがこの「リモデリング」の状態になりやすいからです。

治るの?治らないの?

喘息患者さんが一番気になるところがここだと思います。

喘息の治療方法、治療目標は気管支を拡張する飲み薬、吸入剤を服用することで、長期間発作を起こさず、慢性的に炎症した気管支を抑えて、炎症を治すことです。
これは成人気管支喘息も、小児喘息も同じです。

そのために、薬が必要になります。
処方された薬を継続して服用することで、気管支が炎症を起こしにくくし、「リモデリング」の状態を防ぎます。

薬局で日々投薬をしていると、
高血圧、高脂血症、糖尿病のような生活習慣病の患者さんからよく
「この薬は一生飲まないといけないの?」もしくは「一生飲まないといけないんでしょ?」
って半分治すのをあきらめたような感じで聞かれることが多いのですが、
私は大抵「そんなことないですよって」言うようにしています。

ほとんどの患者さんは10、20年薬を飲み続けています。
が、しっかり薬を飲んで、数値が良くなって、生活習慣を見直してくれれば、本当に飲まなくなると私は思っています。
また、そうゆう患者さんもたまに見かけています。

喘息もそのように思われやすい病気の一つです。

喘息は入院患者では7~8割が治ると言われている様ですが、
通院患者だと2~3割しか治らないらしいです。

なぜなのでしょうか?

その原因が2つ目のキーワード「アドヒアランス」です。

アドヒアランス

アドヒアランスとは、治療や服薬に対して患者が積極的に関わり、その決定に沿った治療を受けること。一般的に、服薬遵守のことです。

つまり、病院では服薬管理がしっかり行われており、吸入も決まった時間に決まった回数しっかり行うように管理されます。
一方、通院患者さんはそうはいかないみたいです。

さらに、ある統計では「アドヒアランス」の悪い患者さんを年代別にみると
意外なことに20~39歳の年代の患者さんが一番悪く、次に65歳以上の患者さんが悪いという数字も出ているようです。

薬剤師の立場だと、吸入方法の理解力不足から65歳以上の患者さんには丁寧に指導をし、
若い世代の患者さんには簡単な指導で済ませがちなのですが、
若い患者さんにも十分な指導の時間を割かなければならないようです。
つまり、若い患者さんには「リモデリング」の怖さを十分に知ってもらわなければならないみたいです。

リモデリング

先ほども書きましたが、リモデリングとは、
喘息の発作を繰り返すことで、気管支が炎症し続け、気管支自体が硬くなってしまい肥厚してしまうことです。

気管支は肥厚することで、咳などの発作症状は一時的に治まるのですが、
肥厚して、狭くなっているために、ちょっとした刺激でまた発作が出やすくなります。
すると、また炎症を起こし、さらに気管支が硬くなって肥厚して・・・と繰り返すことで、どんどん発作の症状がひどくなります。
すると、重症化して、慢性的に咳が出るようになり、
百日咳マイコプラズマ肺炎結核などの感染症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)間質性肺炎胃食道逆流症など様々な病気の原因にもなります。

たかが咳、されど咳です。

一回咳をするだけで、気管支が収縮し、肥厚化もかなり進むようです。

喘息認定された方、
「リモデリング」させないためにも、
処方された吸入剤、薬の服用の「アドヒアランス」しっかり守ることで、
喘息の完治を目指しましょう!!









-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高脂血症 本当気にある生活習慣病の一つだけど、本当に下げる必要あるの?

こんにちはkobaです。 今日は高脂血症について書いてみようと思います。 家の薬局でよく出ている薬が高脂血症の薬です。 これも生活習慣病のひとつで、糖尿病、高血圧、と並んで、患者さんが多い病気のひつで …

気になる骨粗しょう症、骨密度が下がり手遅れになる前に対策を 

どうもkobaです。 今日は最近知った新しい知識についての備忘のような形になってしまいますが、 「骨」の話について書こうと思います。 学生の時、私はそれほど勉強ができるほうではなかったのですが、 それ …

no image

衝撃の美味しさ!!干し芋で健康ダイエット?食べすぎ注意!?

どうもこんにちは、食欲がとまりません。よっちです。   この前ね、ゆうちっちのお友達のお母さんから凄くおいしいおやつをもらったんですよ。 美味しくて体にもいい! その名も 干し芋!!! わた …

no image

毎日公園で遊んでいた結果・・・シミだらけに!シミを取るには!?トランシーノの効果は?

よっちです。 昨日の朝ね、鏡をみてびっくり S.H.I.M.I!! シ・ミ!!! シミだらけ!!! しかも、目のわきのシミ! 昨日まではなかったのに! ・・あれ?昨日、鏡見たっけかな・・・ おととい・ …

糖尿病 食事、生活習慣を見直して血糖コントロールをする方法

どうもkobaです。 義理の父が糖尿病です。 そのためか、結構糖尿病については興味があり、多少勉強して、薬局で、勉強会をしたこともあります。 ただ、勉強会といっても、学術的なことではなく、日々の生活習 …

自己紹介

神奈川県某所で薬剤師しているkobaです。

妻(よっち)、息子2人(長男:ゆうちっち、次男:はるちっち)、犬1匹と騒がしく生活しています。

よっちと二人で2人の子供と1匹の犬との日々の生活のことや、健康、美容の事などなど、書いていこうと思います。よろしく!!